美容医療

ラエンネックとメルスモンの違いとは【比較検証結果と体験談】

2020年9月15日

 

ラエンネックとメルスモンの違いとは【比較検証結果も発表します】

 

コンコン
プラセンタ注射打ちたいんだけど、ラエンネックとメルスモンって何がどう違うのかよく分からない。美容の為ならどっちがお勧めなのかな?両方打つとか、交互に打つとかでもいいの?

 

ーこの疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ラエンネックとメルスモンの違い【ザックリ2つ】
  • 美容目的ならどっちも効果は同じだった私の体験談【比較検証しました】
  • ラエンネックとメルスモンを両方or交互?お好きにどうぞ

 

この記事を書いてる私は、美容クリニックでカウンセラーとして働いていた経歴があり、私自身も実際に2015年からずっとプラセンタを注射しています。そんな私が、本記事で、自分の体験談をもとにプラセンタ注射の「ラエンネック」と「メルスモン」の違いや、比較検証した結果をお伝えいたします。

 

ラエンネックとメルスモンの違い【ザックリ2つ】

国内のヒト由来のプラセンタ注射は、「メルスモン」と「ラエンネック」の2種類が存在します。

製造している会社が違いますので、抽出方法、殺菌方法など、製造においていくつか異なる点があります。

ですから双方の効果や成分に少し違いが生じるわけですが、是非知っておきたい違いをザックリ言うと、この2つに絞られますです。正直成分の違いとかはどうでもいいです。消費者としてこの2点だけ知っておけば十分です。

 

  • ①:効能の違い
  • ②:打つ場所の違い

 

①:効能の違い

ラエンネックとメルスモンは、厚生省から下記の症状においてそれぞれ医薬品の認可を受けています。

  • ラエンネック:肝機能障害
  • メルスモン:更年期障害・乳汁分泌不全

これを見る限り、「ラエンネック」はアルコールを飲みすぎた時や、これから飲むという方におすすめと言えるし、「メルスモン」はホルモンバランスの乱れによっておこるイライラ、ほてり、肌荒れなどに効果がありそうですよね。

つまり、もしプラセンタ注射を保険適応で受けるなら、これらの症状が無いと受けられなし、そもそも医師の診断が必要というわけです。

ただ、美容上でプラセンタ注射を打つ場合は、ラエンネックもメルスモンも効果に大差は無いと言われています。

 

②:打つ場所の違い

注射を打つ場所もそれぞれ違います。

  • ラエンネック:皮下、筋肉
  • メルスモン:皮下

2つとも静脈注射での投与は認められていません。

しかし、美容クリニックでは様々な注射薬と混ぜ合わせてプラセンタを静脈から入れる美肌注射などがあるのも事実。

 

ラエンネックとメルスモンの違いとは【比較検証結果も発表します】

美肌注射

 

また、皮下注射しか認められていないのに筋肉に打つとか、そういう事も多いのが実情です。

 

美容目的ならどっちも同じだった私の体験談【比較検証しました】

2015年からずっとプラセンタ注射を最低週1で打っている私。

実際にラエンネックとメルスモンを比較検証したことがあるのですが、その結果が以下の通り。

 

  • 特にコレといった効果の違いは無
  • そもそもプラセンタ注射に突出した効果は感じにくい
  • 【強いて言えば】痛さに差はあった

 

特にコレといった効果の違いは無

ラエンネックとメルスモンを交互に打ったり、3か月交代で打ったり、同時に打ったり色々試しましたが、結局、美容目的で打つのなら効果は同じでした

もし、「ラエンネックの方が超効果が高いですよ」っと医師から言われれば、プラセボ効果でラエンネックの方が効いてる感が出たのかもしれませんが…。

率直な感想、本当に違いは分かりませんでした。

 

そもそもプラセンタ注射に突出した効果は感じにくい

そもそも、プラセンタ注射打ったら「コレに効いた!!」っというような、突出した効果はあまり感じていません。かれこれ2015年からずっと打っているのに、です。

マイルドで緩やかな効果は感じていますけど、すごく効いたっというのは感じませんね。

そもそもそういう実感しかなかったのですから、両者の違いなんて分かるはずもありません。

プラセンタで実感した効果に関しては、プラセンタ注射は効果ない!?週一で打っている私の【答えと本音】の記事で詳細を書いているのでご参考までに。

 

合せて読みたい
プラセンタ注射は効果ない!?週一で打っていた私の体験談と本音
プラセンタ注射は効果ない!?週一で打っていた私の体験談と本音

続きを見る

 

【強いて言えば】痛さに差はあった

強いて違いは何かと聞かれれば、「痛み」と答えます。

ラエンネックの方が注入時の痛みが強かったです。

それには理由があります。

 

ラエンネックの方が痛い理由

  • ラエンネックはメルスモンより分子が大きいのでその分痛みがある
  • メルスモンにはベンジルアルコールという痛み止め成分が入っているので、そのおかげで痛みが少ない

 

ラエンネックを注入している時にキリキリとした痛みがあり、腕や臀部が逃げそうになったのを鮮明に覚えています。これは私だけではなく、クリニック勤務時代、他の患者でも同じような反応でした。

なので痛みに懲りた私は、それ以来ずっとメルスモンを打っています。

 

ラエンネックとメルスモンを両方or交互?お好きにどうぞ

 

コンコン
じゃぁ、ラエンネックとメルスモンを交互に打つとか、一緒に打つとかってのはどう?

 

それはお好きにどうぞ。

ただ、ラエンネックもメルスモンも美容上の効果に差は無いと思っていますので、そこまでこだわらなくてもいいんじゃない?って思います。

痛いの嫌いなのであれば、メルスモン一択でもいいのでは?

 

体験談によるラエンネックとメルスモンの違い:まとめ

結局、私の豊富な体験談からすると、美容上での効果に差はなかったので、どちらを打ってもOKです。

かといって、今日はメルスモン、今日はラエンネックっというような面倒な打ち方はしなくていいと思います。

ただ、保険適応にあたる症状で悩んでいる方は、きちんと使い分けをしないといけませんし、そもそも医師に従わないと保険適応になりませんから、そこはご理解下さい。

プラセンタ注射をなかなか続けられない方は、プラセンタのサプリメントなどで補った方が楽ちんでおすすめ。

私は注射と併用して、フラコラ プラセンタつぶでいつもプラセンタ満腹状態にしています。

ー以上。



フラコラ プラセンタつぶ
 

 

 

ランキング参加中。クリックしてくれると嬉しいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ちゅる美

ちゅる美

水野ちえ美(ちゅる美) 日本エステティック業協会認定エステティシャン 【経歴】美顔、痩身、脱毛エステサロン勤務▶美容整形外科クリニックにて美容カウンセラー▶美容ライター

-美容医療
-

© 2021 ちゅる美ブログ Powered by AFFINGER5