ニキビの治し方

ダーマローラーはセルフでして良いの?医師が反対している理由

ダーマローラーはセルフでして良いの?医師が反対している理由

 

艶子
セルフダーマローラーしたいんだけど、針刺す行為だから自分でやっていいのかな?一部の医師からはセルフ美容医療自体反対している方がいるんだけど…。

 

こんにちは。元美容外科カウンセラーのちゅる美です。

結論を言うと、私はピーリング、ダーマローラーに関してはセルフ派です。

その理由は下記の通り。

  • セルフの方が金銭的に優しい
  • 安価な為継続しやすい
  • 自分の気になっている個所をしっかりケア出来る
  • 痛さのコントロールが出来る

しかし一部の医師はSNSや動画サイト等でダーマローラー、ピーリングなどのセルフ美容医療を反対しています。

この記事ではセルフダーマローラーに焦点をあてて、セルフで行っていいのか、なぜ医師はセルフを反対しているのか、について掘り下げて解説していきます。また、セルフダーマローラーの注意点についても触れているので合わせて参考にして下さい。

 

ちゅる美
セルフダーマローラーは注意点を守れば安全であり、効果的で金銭的に優しい最高のセルフ美容法です。

 

※この記事は私の知見、経験に基づいた独断と偏見が入り交ざった主観的な内容となっています。

 

本記事の内容

  • ダーマローラーのセルフがおすすめの理由
  • 医師が反対している理由
  • セルフダーマローラーをすすめている医師もいる
  • これさえ守ればセルフダーマローラーは安全

 

 

ダーマローラーのセルフがおすすめの理由

ダーマローラーはセルフでして良いの?医師が反対している理由

 

先述しましたが、私はダーマローラーはセルフ派であり、ニキビ跡クレーターが気になる方限定でお勧めしています。

「それはただリンク先からの広告収入が欲しいからでは?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

私自身ニキビ跡クレーターにずっと悩まされてきており、元職場のクリニックで無料&他院にて患者としてお金を払いバンバン治療を受けてきました。

回数、費用共にかなりかかりましたが完ぺきには治っていません。

もっとニキビ跡を改善させたいと思うものの前みたいに費用をあまりかけたくないのでセルフでダーマローラをするようになったのですが、そこそこ良い結果を出せています。

そのような背景がある為、セルフを私はお勧めしています。

 

冒頭で先述しましたが、セルフダーマローラーのメリットをもう一度下記に挙げます。

  • セルフの方が金銭的に優しい
  • 安価な為継続しやすい
  • 自分の気になっている個所をしっかりケア出来る
  • 痛さのコントロールが出来る

まず、ニキビ跡クレーターというのは美容クリニックで治療を重ねてもすぐ良くなる訳ではなく回数が物凄くかかります。そして残念な事に回数かけても完ぺきに治る事はありませんから、通院回数と費用がかなり生活を圧迫してきます。

ですから低コストで自宅で行えるセルフダーマローラーは継続しやすく回数を重ねる事ができ、結果クレーター改善につながります。

また、自分が気になっている個所は自分が一番よくわかっていますので、そこだけしっかり集中的に行える点もメリットの一つ。

そして痛みに関しては自分で麻酔クリームを置く時間をコントロールできる為確実な除痛を図ることが出来ます。病院ですとマニュアルで麻酔時間が決められており、効果が不十分なまま施術に入る事が多くしばしば痛みを伴う事があります。

 

医師が反対している理由

医師反対

 

ダーマローラーをセルフで行うことについて一部の医師は反対意見を述べています。

その理由について独断と偏見、そして私が実際に美容クリニックで働き、その時の経験を基に主観を述べさせて頂きます。批判覚悟です。

 

医師という立場上

医師という立場上自分で行う医療行為に関し注意喚起するのは当然の事です。

ピアスの穴開なんかは分かりやすい例ですね。

「ピアッシングは病院で!自分でやるとばい菌が入って可能する事があります!」と注意しているクリニックが多いですよね。最近ではアートメイクについても同じ事が言われており、アートメイクナースというものまで存在するようになりました。

しかしピアスって自分でする人の方が多いですし、病院で穴開けしても膿む時はありますからね。

 

以前私はこのようなツイートをしました。

 

 

ピーリングは医療行為!セルフは危険!病院なら専門家が適切な濃度、消毒、アフターケア云々、何かあっても対処できる云々言いますが、患者の肌もろくに診ずNs任せのマニュアル施術、そして何かあった時には面倒臭そうにステロイド出すだけ、という病院が多かった印象なので私はセルフ派です。

 

上記は私の経験談です。

すべての病院がそうとは限らないのですが、このような対応が多く、かつ私の元職場もこんな感じでした。

結局、そういう事なんだな、と思ったものです。

 

売上の為

言わずもがな。セルフでダーマローラーをされたらそりゃー病院は儲かりませんからセルフ反対するのはよく分かります。

特にニキビ跡クレーターは回数がかかる治療なので通院回数を稼ぎやすい。

ですからわざわざセルフ反対を動画サイトやSNSで発信する気持ちも分かります。

 

反対する一方…裏の実態について

セルフダーマローラーを反対する一方、実際には薬剤や機器を家に持ち帰ってセルフでやっている医療関係者は多く、家族や友達にあげてる人もいます。これはダーマローラーに限った話ではありません。

私はそれを経験した一人でして、在庫があまったダーマローラーを頂いた事がセルフダーマローラーのきっかけとなりました。

同僚の看護師さんは「自分でやればいいよ」っと言うし、知人の医師も同じ事を言います。

結局、ダーマローラーは針を刺す行為ではありますが、そこまで心配するほどのものではない、という事の表れだと私は思っています。

 

セルフダーマローラーをすすめている医師もいる

セルフダーマローラーを反対する医師がいる一方、海外の医師の中にはセルフをむしろお勧めしている方もいます。

動画配信しているオーストラリアの皮膚科医「Davin Lim」先生がその一人。

病院に行く必要はない。セルフダーマローラーは安全で効果的。そしてお金にも優しい」と述べており、安全なやり方についてレクチャーして下さっています。

 

ダーマローラーはセルフでして良いの?医師が反対している理由

ダーマローラーはセルフでして良いの?医師が反対している理由

ダーマローラーはセルフでして良いの?医師が反対している理由

ダーマローラーはセルフでして良いの?医師が反対している理由

引用元:「SKIN CARE TIPS- DIY Derma Roller

 

加えて、私は過去オーストラリアに留学した事がありまして、当時いくつかの美容クリニックに行った事があります。

オーストラリアでは当時美容法としてダーマローラーを使用している事が多い印象でして、家庭でも普通に使われていました。針の長さが短いものであれば自宅でもやってみてと病院側から言われた事もありましたので、日本の医師のように反対意見を耳にする事は全くありませんでした。

 

関連記事:「オーストラリアと日本の美容皮膚科の違い【看護師が開業、診療?!】

 

これさえ守ればセルフダーマローラーは安全

セルフダーマローラーはピアスの穴開けに比べればリスクは低いと私は思っていますが、それは最低限の安全を確保した上での話です。

セルフで行う際、これだけは守ってほしい点を挙げましたので参考にして下さい。

実際に元職場で徹底していた事や、先述のDavin Lim先生の動画を元にしています。

 

一回使い切りにする

ダーマローラーは1回使い切りが一番安全です。

使うにつれ針の鋭利さが徐々に失われていきますし、使用後の消毒があまいと次使う際にばい菌が入り炎症を引き起こすからです。

とはいえ、私の経験上顔全体ではなく部分使用のみでしたら4回程使用可能です。

その際は徹底的にローラーを洗浄する必要がありますのできちんと出来なさそうであれば使い切りにして下さい。

基本的には1回使い切りが最も安全です。

 

関連記事:「セルフダーマローラーの正しい消毒の手順【消毒薬だけではダメ】

 

消毒の徹底

必ず使用前は手、顔、ダーマローラー本体の消毒を徹底してください。

本体の消毒にはスプレー式の消毒薬を使うと便利です。

顔の洗顔はもちろん、手をしっかり洗うことも忘れずに。

 

針は長すぎない

長い針のダーマローラーを使用しないで下さい。

0.25~0.5㎜が最適です

0.5㎜でもしっかり圧を加えれば真皮上層まで届き、2㎜のものと結果に大差はなかったと元職場の医師から説明を受けました。

長ければ効く訳ではありません。

 

関連記事:「セルフダーマローラーは何ミリ?ニキビ跡クレーターに適した選び方

 

 

やり過ぎない

決して欲張って何度も同じ場所をコロコロし過ぎないで下さい。

元職場の場合、縦、横、右斜め、左斜めとそれぞれ一列に対して5~7パス程繰り返していました。一方先ほどのDavin Lim先生によると3パス程との事でした。

 

最初は3パスで様子を見て、大丈夫そうなら7パスを限度に調整すると良いかもしれません。

とにかく不必要にやりすぎない事が大切です。

 

関連記事:「ニキビ跡に!ダーマローラーをセルフでするやり方【手順紹介】

 

まとめ:セルフダーマローラーはおすすめです

セルフダーマローラーを反対する医師がいますが、安全に行えば効果的でかつお財布に優しいです。

  • なるべく1回使い切りにする
  • 消毒を徹底する
  • 針は長すぎない
  • 何度も同じ場所をコロコロしない

以上の点を気を付ければほぼ大丈夫でしょう。

 

最後に。

ニキビ跡クレーターというのは繊維によって下に皮膚が引っ張られている為、この繊維を横から切断しないとなかなか改善しません。

ですから垂直に針を刺すダーマローラーやダーマペン、フラクショナルレーザーなどでは効果はあっても限界があります。よって現段階においてはサブシジョンが一番クレーターに効果があると考えています。

 

ー今日は以上です。

 

セルフダーマローラーに欠かせない物

 

【この記事を書いている人】

ちゅる美

ちゅる美

有資格エステティシャン、元美容外科カウンセラー。
職場で得た知見を基に美容情報を発信している美容ブロガー。自身も多くの美容医療を受けており、特にニキビ、ニキビ跡治療には莫大なお金をかけている。

ランキング参加中。クリックしてくれると嬉しいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ちゅる美

ちゅる美

水野ちえ美(ちゅる美) 日本エステティック業協会認定エステティシャン 【経歴】美顔、痩身、脱毛エステサロン勤務▶美容整形外科クリニックにて美容カウンセラー▶美容ライター

-ニキビの治し方
-

© 2021 ちゅる美ブログ Powered by AFFINGER5