美容医療

静脈麻酔、笑気麻酔ってどんな感じ?体験談からお答えします

静脈麻酔、笑気麻酔ってどんな感じ?体験談からお答えします

 

艶子
美容整形したいんだけど手術怖いから静脈麻酔、笑気麻酔を使いたいな。実際どんな感じがするの?

 

ーこんにちは、元美容外科カウンセラーのちゅる美(@tyurumi3)です。

静脈麻酔、笑気麻酔で美容整形手術をされた患者さんを実際に見た事がありますし、また私自身複数回体験した事がありますので、その体験談を基にこの疑問にお答えしたいと思います。

どちらも手術時の恐怖感が和らぎますので併用した方がリラックスして望めるのでおすすめです。しかし無意識に動いてしまったり、無意識に何かを話し出したり叫んだり等あり、少々恥ずかしい思いをする事もあります

無意識に動いてしまうという点では、目元、鼻、口元といった手術の際、これらの麻酔を併用せず行った方が安全ではあります

以上を踏まえつつ、私自身の体感と実際に患者さんの様子を見た体験からお伝えします。

※用いる薬剤や患者の体質により麻酔の効きは人それぞれです。論文や医療機関の情報を交えながら正確な情報を記載しているつもりですが、私は医学的知識を持っておらず一般人である事をご了承下さい。

 

ちゅる美ブログの信頼性

 

私、ちゅる美の静脈麻酔、笑気麻酔の体験歴

まず本題に入る前に、私の静脈麻酔、笑気麻酔体験歴を述べておきます。

私は過去美容整形を受けていますが、局所麻酔の痛み緩和、そして術中の恐怖心を取り除くために下記のかんじでこれらの麻酔を併用していました(少々うろ覚えの部分もありますが)。

 

静脈麻酔
・脇2回、顎1回、鼻1回、目元2(?)回

笑気麻酔
・目元4(?)回

 

美容整形以外ですと、親知らず抜歯で静脈麻酔、卵巣嚢腫摘出手術で全身麻酔をそれぞれ1回ずつおこなっています。

 

静脈麻酔、笑気麻酔ってどんな感じ?体験談からお答えします

顎の手術

静脈麻酔、笑気麻酔ってどんな感じ?体験談からお答えします

卵巣嚢腫摘出手術

 

また、私が勤務していた美容外科では繊細な顔のオペの際はこれらの麻酔を積極的に併用していませんでした。体のオペに関しては併用する事がほとんどでしたね。

 

 

静脈麻酔、どんな感じ?恥ずかしいってどういう事?

静脈麻酔とは催眠、鎮静作用のある薬剤を点滴や注射により静脈内に入れる麻酔法のこと。

全身麻酔とは異なり完全に意識をなくさせるのではなく、ウトウト眠っている状態にさせることで患者は手術の恐怖感を感じることなくリラックスして受ける事が出来ます

代表的な薬剤は「プロポフォール」、「ミダゾラム」、「ケタミン」。基本的には鎮痛作用はないので(あるという論文もあり)局所麻酔を併用する事がほとんどです。しかし、局所麻酔があまり効いていないと痛みで手術中に目が覚めたり動いてしまう事もあります。

 

参考:「麻酔薬および麻酔関連薬使用ガイドライン 第3版Ⅲ 静脈関連薬

 

私の体験談

美容整形で静脈麻酔をした時は毎回プロポフォールを投与されていました。

血管痛があり、痛いなぁと思っていたらいつの間にか眠っていました。時間でいうと10秒もかかっていません。絶対寝るもんかと逆に麻酔に逆らおうとする無謀な挑戦をするものの(麻酔あるある)すぐ落ちます。

私の場合、プロポフォール投与の際は途中で起きた記憶はありません。ひたすら眠っている状態でして医師から「ちゅる美さーん、起きてますか?」といった掛け声で目が覚めました。とはいえ覚えてないだけで途中で起きている可能性もありますが…。

眠っている最中、夢を見ました。

友達の顔が吹き出しのようにポッポッと現れて上から眺められたり、あゆがステージで爆音と共に踊って歌っていたり。その際に夢の中で自分もノリノリになっていたのを覚えています。

幼少の頃よく夢にうならされた経験をもっていましたから、なんとなぁ~く術中何かしゃべってたかもしれないという疑念が残り手術終了後看護師さんに尋ねてみました。案の定何かブツブツ独り言発していた旨をきかされました

 

ちなみに親知らず抜歯の際はミダゾラムを使用しました。プロポフォールとは違って意識はありましたので術中の様子をよく覚えています。しかし思い起こすと所々記憶がなく、30分で終わったと思っていた手術時間が実は90分かかっていたという事実

途中顔が無意識に動いてしまい、動かないでと言われたのを覚えています。

 

>>関連記事「親知らず3本を静脈内鎮静法で抜歯した私の体験談|in愛知学院大学

 

患者の様子

患者さんにもプロポフォールを使用していました。投与後すぐ眠ります。

基本的に顔の繊細な手術の際は静脈麻酔は併用しません。患者の希望でやむなく使用したという流れだったのですが、目のオペ中突然顔がグイっと動くんです。眼球の近くだからメスや針が刺さったら危ないです。これを見た時、静脈麻酔は控えた方が無難だなと感じたものです。

更に驚いたのが、脂肪吸引の患者さん2名。

1人は手術中「ウォー―――ォ」と唸りながら体を起こそうして暴れていました。その後も何やらブツブツしゃべってる。皆で患者さんを押さえつけたのは良い思い出。

2人目は「痛いってば、痛い。もぉー痛いのよ」と怒るようにムニャムニャ言っていました

もちろん二人ともその記憶はありません。

また、これは病棟勤務歴のある看護師さんから聞いたのですが、無意識に下ネタを言ったり、その医師の事を「好きです」と言ったりする事もあるのだそう。

どうも眠りが浅い時や覚醒時、感情の抑制が興奮状態になる「脱抑制」という時期になると理性で抑えられていた本音がポロっと出てしまう事があるそうです

 

笑気麻酔、どんな感じ?

笑気麻酔は亜鉛化窒素ガスを吸引する事で鎮静させる麻酔法の事。

眠ったり意識がなくなるのではなく、体がポカポカ温かくなったり、頭がボーっとしたり、フラフラとお酒に酔った感覚になることで手術の恐怖感を抑えます。よく歯医者さんで用いられていますね。

吸引するだけなので静脈麻酔とは違い針を刺す事がなく、体への負担も少ないです。

美容整形で用いる際は局所麻酔との併用になります。

 

参考:「麻酔薬および麻酔関連薬使用ガイドライン 第3版Ⅳ 吸入麻酔薬

 

私の体験談

目元の整形手術の際に用いました。

最初は酸素を吸って、後から笑気が入ってきます。

毎回お酒に酔ったみたいになってラリる私。気持ちは落ち着いており上手に言葉も発せられませんが、なんだか陽気な気持ちになります。先生の声は遠くに聞こえます。

笑気でラリっている最中に局所麻酔を打たれますが、これはばっちり痛かったです。とはいえ「痛っ!」ではなく「いーーーーたーーーーーーーーいーーぃぃぃぃ」と、ちょっと反応が遅い感じですが、でもまぁまぁ痛いです。この痛みの際に顔を横に動かしてしまったのを覚えています。しかし恐怖感はありませんでした。

手術が終了したら今度はまた酸素を吸い終了。回復は大変早いです。

 

患者の様子

笑気麻酔の機器が導入された時に数回使用しただけでその後はあまり使う機会がありませんでした。

二重埋没法の際に使った位でしたね。やはり顔が動いてしまう事があるというのがネックだったそうで積極的に使う事はなかったです。

他にも目をぎゅーっとしちゃったり、二重の確認の為途中で目を開けるよう指示しても開けてくれなかったり…。

患者は楽でもオペする側は気持ち的に神経使うかもしれません。

 

 

【おまけ】全身麻酔、どんな感じ?

おまけ情報として全身麻酔を使った時の私自身の体験を紹介します。

卵巣嚢腫摘出の際に全身麻酔を用いました。最初はプロポフォールで眠らされました。

この時は特に夢を見ることはなく、名前を呼ばれ、喉の管のせいで咳が連発して目が覚めました。しかしその後部屋に移動してから数分経過後の記憶は途切れ途切れです。

母親曰くこの間にどうも独り言を言っていたそうで、「痛い」、「(ベッド?)狭いんだけど」、「お腹空いた」等ブツブツ言っていたみたいです。動画で確認すると痛がってるのにひたすらベラベラしゃべっている私。しかしどれも記憶にございません。

全身麻酔を終えた感想としてまず思ったのが、気持ちよかったのでこのまま死んだ方が楽かもという事。それ位心地のいいものでしたね。目覚めてからは辛くて地獄でしたが。

 

>>関連記事「【腹腔鏡手術】卵巣嚢腫の手術を受けた私の体験談②【手術~退院】

 

可能なら積極的に併用しない方が良い

静脈麻酔、笑気麻酔、どれも手術の恐怖感を和らげてくれるので美容整形の際に併用したい所ですが、自身の体験からすると顔のパーツ手術の際はなるべく局所麻酔のみにした方が安全だと思います。特に目元や口元。無意識に顔が動いてしまう事が多々ありますので…。

豊胸や脂肪吸引はもちろん併用した方が良いと思います。

 

美容整形。患者としては静脈麻酔、笑気麻酔でふわふわウトウト状態の方が楽なんだけど、出来れば局麻のみの方がいいと実際にオペ見て思った。急に顔動くんだよね、瞼切ってる最中に。危ないよね。脂肪吸引の時患者が唸りながら上半身起こそうとしたのにはびっくりした。顔は怖いけど局麻のみが安全。

 

ちなみに静脈麻酔は舌が落ち込んだり唾を飲み込む事が出来なかったりするので、私の場合顎、鼻の手術の際は痛い局所麻酔の時だけ静脈麻酔で眠らされ、後は起こされたままでした。

これは病院の方針によりそれぞれなのですが、まぁそれなりのリスクはあるという事ですのでその点お忘れなく。

 

 

まとめ

静脈麻酔、笑気麻酔は手術への恐怖心が強い人にとって神のような存在。

しかし手術中無意識に動いてしまうのは大変危険ですから顔のパーツをいじる手術の際はなるべく局所麻酔のみで耐えたいですね。

私はそれ以上に独り言いってしまう事が恐ろしくもあり恥ずかしくもあります。下ネタなんて口走ってしまったら、と思うと恐怖でしかない。震える。

もちろん医療従事者はそんな光景見慣れており何とも思わないのでしょうけど…。でもやっぱり恥ずかしい。

そういう事も起こりうるという事を忘れず、手術控えている方は頑張ってくださいね。

 

ー今日は以上です。

 

参考文献

・日本麻酔科学会「麻酔薬および麻酔関連薬使用ガイドライン 第3版Ⅲ 静脈関連薬」(最終閲覧日:2021年1月29日)
http://www.anesth.or.jp/guide/pdf/publication4-3_20181004s.pdf

・日本麻酔科学会「麻酔薬および麻酔関連薬使用ガイドライン 第3版Ⅳ 吸入麻酔薬」(最終閲覧日:2021年1月29日)
http://www.anesth.or.jp/guide/pdf/publication4-4_20170227s.pdf

 

 

美容整形のこと何でもご相談ください_アンバー

ランキング参加中。クリックしてくれると嬉しいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ちゅる美

ちゅる美

水野ちえ美(ちゅる美) 日本エステティック業協会認定エステティシャン 【経歴】美顔、痩身、脱毛エステサロン勤務▶美容整形外科クリニックにて美容カウンセラー▶美容ライター

-美容医療

© 2021 ちゅる美ブログ Powered by AFFINGER5