ニキビの治し方

マッサージピールとミラノリピールの違い【効果や副作用】

マッサージピールとミラノリピールの違い【効果や副作用】

 

こんにちは、元美容外科カウンセラーのちゅる美です。

ピーリングに使う薬剤は種類が様々ですが、ここ数年人気なのがマッサージピールPRX-T33ミラノリピール。強力な剥離作用のあるトリクロロ酢酸を使用したものでありながら皮膚表面を守り、真皮深層に働きかけるという、これまでとは違うアプローチ故に美意識の高い方に支持されています。

どちらが良いのか、何がどう違うのか、とよく美容友達から質問されるので、この機会に両者の違いを記事にまとめてみました。

私は両方施術を受けた事があるので、それぞれの体感も合わせてお伝えいたします。

これから施術を検討している方の参考となればと。

 

結論だけ知りたい人向けのまとめ

  1. マッサージピールよりミラノリピールの方が濃度2が%高い
  2. ミラノリピールは肌の弱い人でも使える成分構成にしている
  3. 使用中の刺激感はマッサージピールの方が強い
  4. 使用後のダウンタイムはミラノリピールの方が強く落屑多い
  5. 個人的にはミラノリピールの方が満足度は高く、総合的に見て良いと判断する

 

本記事の信ぴょう性

 

はじめに:トリクロロ酢酸とは

まずはじめにトリクロロ酢酸について簡潔に説明します。

トリクロロ酢酸(TCA)は通常のピーリング剤とは違い肌の奥まで作用する強めの成分。基底層に働いて細胞の生成を促進。真皮層ではコラーゲン増やすことて肌の生まれ変わりをサポートします。

強い薬剤故に、アイスピック型のニキビ跡や大きな目立つ毛穴にポイントとして使用されています。

日本皮膚科学会によると、「局所では強く、瘢痕形成のおそれがある」と記されており、陥没性の瘢痕に対しての推奨度は「C2(十分な根拠がないので、現時点では推奨できない)」とされていました。一方、非炎症性皮疹、炎症性皮疹に対しての推奨度は「C1(良質な根拠は少ないが、選択肢の一つとして推奨する)」となっています。

 

 

 

マッサージピールとミラノリピールの違い

マッサージピールPRX-T33とミラノリピールの違いは下記の通り。

それぞれ分野別で比較しています。

 

成分の違い

どちらもトリクロロ酢酸を主体に、その他の成分を加え刺激感の調整、相乗効果を狙っています。

 

マッサージピールとは

マッサージピールPRX-T33
有効成分】トリクロロ酢酸33%、低濃度過酸化水素、コウジ酸
メーカーWiQo

ミラノリピール(バイオリピール)

ミラノリピール(バイオリピール)
有効成分】トリクロロ酢酸35%、ラクトビオン酸、サリチル酸、酒石酸、クエン酸、スクワラン、ビタミンB,C,GABA、アルギニン
メーカーCMed Aesthetics

両者ともに皮膚を剥離せずに真皮深層に作用し、コラーゲンを再生させるピーリング剤です。

マッサージピールはトリクロロ酢酸(TCA)を過酸化水素(H2O2)と配合し国際特許処方を取っています。コウジ酸配合により、メラニン生成抑制、活性酸素抑制、糖化によるAGEsの産生を抑制し、美白効果を発揮します。

 

マッサージピール

引用元:PRX-T33取説

 

ミラノリピール(バイオリピール)は最高の国際品質基準に従って製造されています。アルギニン、水酸化ナトリウム、スクワランなどが緩衝剤となるので使用中の刺激が抑えられているのが特徴です。ビタミンも配合する事によりコラーゲン増殖を更に促します。ちなみにこちらに関しては体用も展開されています。

 

ミラノリピール

引用元:shopbeautiful

 

副作用の違い

先述したようにどちらも通常のトリクロロ酢酸の刺激を和らげる工夫がなされており表皮を剥離せず真皮深層に作用するのですが、多少の刺激はあります。

トリクロロ酢酸濃度はミラノリピールの方が2%高くなっていますが、通常ミラノリピールの方が刺激が少ないとされています。

しかしダウンタイムに限ってはマッサージピールの方が発赤、落屑が少ないという意見が多数見られます。

 

それぞれの違いのまとめ

マッサージピール、ミラノリピール、両者の違いをまとめると下記の通り。

 

製品名 TCA濃度 施術中の刺激※ ダウンタイムの度合い※

マッサージピール

マッサージピールとは

33% 強い 弱い

ミラノリピール

ミラノリピールとは

35%(体:50%) 弱い 強い

※両者との比較

 

 

どっちが効果ある?【実体験から話します】

私はマッサージピール、ミラノリピール、どちらも経験した事があります。

これまで実に多くの美肌治療を受けてきており、かつ美容外科で勤務していたので、気になっているニキビ跡のクレーターに効く訳はないと最初から思っていましたから期待はしていませんでした。

ただ、美容ブロガーとして自らの顔を実験台としたまでです。

 

マッサージピール

マッサージピールは使用中のピリピリ感が結構感じられました。

2回受けたのですが、施術者のマッサージの圧のかけ方に差がありすぎまして、しっかり圧かけてくれた時はピリピリが強かったのですが、圧弱い施術者の場合は刺激が若干抑えられていた印象です。

施術後は発赤があるものの当日すぐ引き、若干の乾燥はあるものの手持ちの保湿剤で事足りました。懸念していた落屑は口周りにほんの少しだけ。

ダウンタイムは比較的楽な方だと思います。

肌がつるつるしており、気になっていた顎、小鼻のざらつきが取れ滑らかになりました。肌の触り心地の変化程度で、毛穴、ニキビ跡は全くびくともしません。

 

ミラノリピール

ミラノリピールは1回しか受けていません。

施術はマッサージピールとほぼ同じでした。

施術中の刺激はマッサージピールより軽いですね。全く刺激が無いという事は無かったのですが、ヒリヒリして熱い感じが抑えられていました。

刺激が少なかったのに反し、終わって帰宅後、みるみるうちに発赤が表れ湯でタコ状態。そしてなんかジワジワとひりつく。保冷剤で一度鎮静させるほどでした。

翌日以降から肌の乾燥が酷くなり、いくら保湿しても止まることはなく、やがて落屑。口周り、顎を中心に顔の半分以上が落屑しました。

5日程のダウンタイムが終わると、肌のくすみが取れて透明感が出ており、もっちりした質感になっていたのには感動しました。とはいえ毛穴、ニキビ跡には無反応です。

 

両者を使用した私の結論

以上、まとめると下の表の通りです。

 

製品名 施術中 施術後 実感した効果
マッサージピールとは ヒリヒリ刺激感あり。灼熱感がありすぐ洗い流して欲しいと感じた程。 ほんのりと発赤しているが速やかに消失。口元は若干の落屑あり。 つるつるした触り心地になり、ざらつきが取れた程度。
ミラノリピールとは 若干熱い感じはするが寝ていられる程ラク。 使用後徐々に発赤強くなる。顔面の半分以上落屑あり。 マッサージピールより肌触りがよく、全体的にくすみが取れもっちりしている。

 

毛穴、ニキビ跡などに悩んでいる方はこれらのみでは改善は難しいかと。これにプラスしてダーマペン、ダーマローラーなどで複合治療する方が効果的だと思います。

元々肌のきれいな方はする必要が無いかな、というのが私の主観です。

 

セルフ派さんが知っておくべき事

ちなみに現在ではネット通販を利用すれば、マッサージピール、ミラノリピールともにセルフで行えます。

しかし通販ではどのような流通経路をたどっているか不明であり、転売の可能性もある為私はまだ購入したことがありません。

そのうち欲しいなと思っており価格等リサーチしてみましたので気になる方は参考にして下さい。

 

個人輸入先と価格

マッサージピールが購入できるサイトは下記2つ。

エステコスメティクス
日本の通販です。1本(4ml)で¥15,000前後。2本で¥28,000前後。送料無料。

Reliable Medicare
イギリスの通販なので少し購入に手間がかかりそうです。こちらはハーフサイズでした。1本(2ml)¥7,500程+送料がかかります。少量から試してみたい方にお勧めです。

 

ミラノリピールはこちらで購入可能です。

Derma revolution
どこの国の通販サイトなのか不明ですが、品揃えがすごく豊富です。1本(6ml)で¥15,000前後。2本で¥25,000前後。¥5,000以上だと送料無料なので無料です。

※2021年5月時点での価格です

 

製品名に注意

マッサージピール、ミラノリピールともに日本での名称です。

海外サイトで購入する際は、マッサージピールは『PRX-T33』、ミラノリピールは『Bio RePeel』となります。

 

ただ、私は上記サイトで購入した経験がありませんので、正規品ではなかった等責任はおえません。購入の際は自己責任の上慎重に検討してください。

 

保管方法

発送してもらう際は必ずクール便かどうか確認してください。

マッサージピールは冷蔵保管厳守です。

一方ミラノリピールは常温でも良いのですが季節によってはよくないので、なるべく冷蔵庫保管が無難です。

ですからクール便対応しているかしっかり確認の上購入して下さい。

 

さいごに

マッサージピール、ミラノリピール、どちらもツルツルになりそれなりの満足感はあるかもしれませんが、ミラノリピールの方が実感は高いように思います。

しかしニキビ跡や毛穴といった肌トラブルには単独施術ではなかなか良い効果が得られないと思いますので、あくまでもオプション扱いと思っていただくと良いかもしれません。

クリニックで施術するよりもセルフで行った方が格安で継続しやすいです。

故に、肌トラブルで悩んでいる方は長期戦になる事が予想されるので、継続しやすいセルフで行った方が結果が出せるかもしれません。

マッサージピールに関しては『PRX-T33マッサージピールのやり方【公式マニュアルより解説】』の記事でやり方を解説しているので参考にして下さい。

 

ー今日は以上です。

 

参考文献

・日本皮膚科学会『ケミカルピーリングガイドライン』(最終閲覧日:2021年5月25日)
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913831_1.pdf

・wiQo『PRX-T33』(最終閲覧日:2021年5月25日)
https://www.med.wiqo.com/en/15577/prx-t33

・CMed Aesthetics『Bio RePeel』 (最終閲覧日:2021年5月25日)
https://cmedaesthetics.com/

ランキング参加中。クリックしてくれると嬉しいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ちゅる美

ちゅる美

水野ちえ美(ちゅる美) 日本エステティック業協会認定エステティシャン 【経歴】美顔、痩身、脱毛エステサロン勤務▶美容整形外科クリニックにて美容カウンセラー▶美容ライター

-ニキビの治し方

© 2021 ちゅる美ブログ Powered by AFFINGER5