健康問題の体験談

【腹腔鏡手術】卵巣嚢腫の手術を受けた私の体験談③【退院後と費用】

2020年10月17日

卵巣嚢腫手術体験談

 

卵巣嚢腫がありますので、手術が必要です。」

初の婦人科で医師から言われました。

それは2016年4月13日の春、31歳の出来事。

今回は卵巣嚢腫の手術を受けた私の体験談の第3弾、「退院後と費用」編です。

 

過去の記事はこちらからご覧ください。

合せて読みたい
わきが手術の体験談
【腹腔鏡手術】卵巣嚢腫の手術を受けた私の体験談①【発覚~手術】

続きを見る

合せて読みたい
Hospital
【腹腔鏡手術】卵巣嚢腫の手術を受けた私の体験談②【手術~退院】

続きを見る

▶「何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

 

本記事の内容

  • 卵巣嚢腫手術、退院後の生活
  • 仕事復帰の事
  • 腹腔鏡手術の手術跡
  • 卵巣嚢腫「腹腔鏡手術」の費用
  • 次は我が身。婦人科検診は大事です。

 

人生初の手術の体験談です。

卵巣嚢腫と診断された方、これから卵巣嚢腫の手術をする予定の方の参考になると思います。

手術でお世話になった病院は愛知県の名古屋市東部医療センターです。腹腔鏡手術の症例数が多いので信頼できるかと。

 

卵巣嚢腫手術、退院後の生活

つらい女性

 

今回卵巣嚢腫の摘出は、比較的回復の早い腹腔鏡手術だったので、入院中、いろんな管が取れてから回復がメキメキと早くなったように思います。

退院後は数日はお腹をかばいながらの生活でしたね。ちょっと動くとまだ傷に痛みが走ります。

ベッドやイスに掛ける時の動き、寝返りがとてもゆっくりになります。そして、大笑いするとズキッと痛むので、いくら元気になったとはいえ、腹筋に負荷がかかる動きは躊躇します。

家事は全然こなせましたが、床掃除でかがむとか、重い洗濯カゴを持つ事は無理しない方が良いと感じました。

何をするにもスローな動作、そして、ちょっと前かがみ状態です

 

仕事復帰の事

仕事する女性

 

私は卵巣嚢腫の手術を受けた当時、オーストラリアと日本を行き来しており、定職にはついていませんでした。帰国した時に知人の寿司屋でバイトしているという身。

人手不足だったのもあって、退院後5日でバイト復帰しました。

高級寿司屋だったので、大将以外のバイトちゃんは皿洗い、飲み物作り、会計、ホール回りがメインの仕事内容。結構動きまわるので、筋力低下中の私にはちょっとしんどかったです。

痛みは大分なくなったのですが、重いものを持つとお腹に鈍い痛みがくるので、やはりお腹をかばいながらのバイトでした。

デスクワーク系の仕事なら、退院して3日頃から全然余裕で出来ると思います

ただ、私みたいな動き回る飲食店ではちょっと厳しいかと。飲食店なら、せめて退院後7日経過してからやった方が良いと思いました。

 

腹腔鏡手術の手術跡

包帯

 

腹腔鏡の手術跡は、こんな感じ。3か所あります。

 

卵巣嚢腫手術体験談

へそ(術後2週間)

卵巣嚢腫手術体験談

鼠径部(術後2週間)

卵巣嚢腫手術体験談

臍下(術後2週間)

 

 

 

そして、術後4年経過した傷跡がこちら。線となって傷が残っている程度です。ケロイドにならなくて良かった。

 

卵巣嚢腫手術体験談

へそ(術後4年)

卵巣嚢腫手術体験談

鼠径部(術後4年)

卵巣嚢腫手術体験談

臍下(術後4年)

 

 

ちなみに術後、傷にはテープを貼ってあるだけで、抜糸の必要はありませんでした。

なるべく傷が綺麗に治るように、ステリストリップという皮膚接合用のテープで保護していました。これは実際に美容クリニック勤務時代にも使っていたもので、切り傷などの皮膚固定としても使えて便利です。

 

 

卵巣嚢腫「腹腔鏡手術」の費用

医療費

 

卵巣嚢腫の腹腔鏡手術でかかった費用は、明細が手元にないのでざっくりとした金額ですが、¥150,000位でした(3割負担、差額ベット代込み)。

更にここから高額医療費制度で¥58000位になりました。これには差額ベット代、食事代が含まれてます。

卵巣嚢腫発覚から手術までに期間がありましたから、その期間に「限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付してもらっていました。なので、退院時の窓口での支払い段階ですぐ適用されました。

手術までに期間があるのでしたら、早めに交付してもらう事をおすすめします。

後から申請すると結構面倒らしいので。

 

次は我が身。婦人科検診は大事です。

ハートマーク

 

今回卵巣嚢腫になって思う事、それは、他人事ではないという事。

どの病気でもそうなのですが、特に婦人科系の病気は身近な病気だという意識が大事。私みたいに婦人科行くの怖いから放っておく、というのは絶対ダメ。

実際に私は婦人科の医師に、30代になっても婦人科検診未体験だったことについて怒られました。

婦人科系の病気を放っておくと不妊にもつながりますので、なるべく検診には行くべきです。

ちなみに現在私は、高プロラクチン血症という病気が見つかっており、現段階で検査中の身です。生理不順がきっかけで見つかったのですが、不調だと思ったらすぐ婦人科に行くべきだなっと改めて再確認できました。

 

【卵巣嚢腫手術】体験談:まとめ

以上、私の卵巣嚢腫手術の体験談でした。

腹腔鏡手術は術後の回復が早いのでおすすめですよ。

寝ている間に終わるから大丈夫。

術後2,3日がちょっと大変ですが、他の大きな手術に比べれば楽な方みたいです。

そして、婦人科には定期的に行きましょう。

 

ー以上です。

 



ランキング参加中。クリックしてくれると嬉しいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ちゅる美

ちゅる美

水野ちえ美(ちゅる美) 日本エステティック業協会認定エステティシャン 【経歴】美顔、痩身、脱毛エステサロン勤務▶美容整形外科クリニックにて美容カウンセラー▶美容ライター

-健康問題の体験談
-

© 2021 ちゅる美ブログ Powered by AFFINGER5