美容医療

美容整形時の切開創、傷跡に使えるテーピング剤(テープ)のまとめ

2021年4月24日

美容整形時の切開創に使えるテーピング剤まとめ

 

ちゅる美
元美容外科カウンセラーのちゅる美です。

 

美容医療の進歩、発展、有名人の影響により、昔に比べ美容整形を施す方が増加傾向の現在。

その域は侵襲性の低いプチ整形にとどまるどころか、切開リフト、骨切といった大掛かりな手術にまで手を出す若い子が増えてきており、本来の適応範囲を超えた症例が実に多く目立ちます。

このような大きな手術ですと心配になるのが傷跡。ケロイドになるのではないか、目立つのではないか、と色々心配事も増えてくるものですが、切開創に関しては抜糸後からテーピングを施して保護すると良い結果が得られます。

傷跡へのテーピングは大きな病院でも行われており、美容整形においてももはやスタンダートなアフターケアとなっています。

そこで、切開創に使えるテーピング剤をまとめてみました。

大掛かりな手術を受ける方が増えてきている今だからこそ、少しでも多くの方の参考となれば幸いです。

 

本記事の信ぴょう性

 

結論だけ知りたい人向けのまとめ

・切開創には「マイクロポアサージカルテープ(メディカルテープ)」さえあればOK。安価で手に入りやすい
・個人的にお勧めなのは「ステリストリップ」。サイズが豊富で小回りがきく為
・面倒な人は一枚ボン!と貼るタイプの「アトファイン」、「アトレスケア」が便利
・テープが貼りにくい部位は液状包帯の「ケロコート」が適している

なぜテーピングが必要なのか

手術後約一週間ほどで抜糸をするのですが、傷はそれ以降も変化しています。

一見皮膚がくっついているように見えても、2,3か月は更にくっつける為に絶えず細胞が活発に働いています。

しかし皮膚には弾性がありますからちょっとした動きで皮膚が伸び、傷跡は常に引っ張られている状態。その際に傷が広がって目立ってしまったり、色素沈着やケロイドなどが生じる場合があります。

  • 引っ張る力
  • 紫外線
  • 摩擦
  • 乾燥

などから傷跡を保護し、なるべく傷跡を綺麗に治しましょうねっという事で推奨されているのがテーピングなのです。

美容整形はもちろんの事、帝王切開の切開創にもよく用いられています。

 

傷の活動が活発な時期に、引っ張られたり(緊張)、日焼けをしたり(紫外線)、乾燥などの刺激が加わると、傷の中の細胞が過剰に反応してしまい、傷跡が太くなったり、赤く盛り上がったり、色素沈着が発生します。形成外科ではこうした刺激を避けるためにテープを張っておくことを勧めています。

出典:埼玉病院 形成外科

 

傷が治るまでの過程

傷の治癒

炎症期
縫合後〜手術3日後
再上皮化が起こり、傷口が閉じます。赤い腫れや痛みが生じます。

傷の治癒

増殖器
手術後3日後〜
新しい細胞が増殖し、傷のスペースを埋めていきます。赤みや、軽いかゆみが生じます。

傷の治癒

成熟期
細胞の活動が落ち着き、肌の色に近い傷あとになります。

出典:アトファイン

 

私は卵巣嚢腫摘出手術の際にテーピングで切開創のケアをしていました。お陰様で傷跡はきれいな1本線のみです。

 

美容整形時の切開創に使えるテーピング剤まとめ

 

いつまでテープを貼ったら良いのか

では、テープはいつまで貼ればいいのでしょうか。

これはもうかなりざっくりとした情報しかありませんが、

  • 最低でも1か月~2か月
  • いやいや、最低でも3か月
  • 可動部、顔面は3か月~4か月
  • 腹部、胸部、関節は6か月~1年

など、様々な意見があります。

 

ちゅる美
私の働いていた美容クリニックでは3か月は貼ってねと説明していました。

 

とはいえその方の傷の状態や大きさにより変わってきますので主治医の指導のもと正しく使うことが大切です。

テーピング終了のタイミングとしましては「傷跡が肌の色に近くなったら終了」と言われていますので、抜糸後から肌色に戻るまでの期間テーピングすると良いかと思います。

 

テープの貼り方

切開創へのテープの貼り方ですが、簡単です。

ここではマイクロポアやステリストリップのように傷に沿って貼るタイプのもので簡潔に説明します。

 

テープの貼り方

  • 傷に対して垂直に貼る
  • 皮膚を引き寄せながら貼る(皮膚にシワが寄らないように!)
  • テープ同士少し重ねる
  • 剥がす際は傷と同じ方向で

 

美容整形時の切開創、傷跡に使えるテーピング剤(テープ)のまとめ

 

もっとわかりやすく知りたい方は「埼玉病院 テーピングについて」が参考になるかと。

 

美容整形時の切開創、傷跡に使えるテーピング剤(テープ)

美容整形時の切開創、傷跡に使えるテーピング剤の一覧です。

それぞれ特徴があるので、使用する部位、大きさ、お好みの使用感で選ぶと良いかと思います。

よく使われているのは安価な「マイクロポアサージカルテープ」ですね。とりあえず何使ったらいいのか分からない方はこれさえあれば間違いはないかと。大きな病院でも術後の傷跡ケアとしてよく用いられています。

 

※医療用といえどネットでも購入可能だったりします。
※平均価格は目安と思ってください。
※素人によるリサーチである事をご理解ください。
※他にも種類がありますが、よく使われているものを取り上げました。
※2021年4月24日時点での情報です。

 

3M【ステリストリップ】医療用

ステリストリップ

巾のサイズ展開が豊富で細かい傷にも対応できる。台紙ごとハサミでカットできるから使いやすい。

【テープ巾】3㎜、6㎜、12㎜、25㎜
【平均価格】病院による

3M ネクスケア【ステリストリップ】家庭用

ネクスケア

上記のステリストリップの家庭用。巾の展開が1つしかない為ちょっと残念。

【テープ巾】6㎜
【平均価格】¥900

3M 【マイクロポア サージカルテープ】医療用

マイクロポア

肌になじんで目立ちにくい。紫外線対策にもなる。安価なためよく用いられている。

【テープ巾】12.5㎜、25㎜、50㎜、75㎜
【平均価格】病院による

3M ネクスケア【マイクロポア メディカルテープ】家庭用

メディカルテープ

上記の家庭用。巾展開が少ない。

【テープ巾】11㎜、22㎜
【平均価格】¥400

Skinix 【アトレスケア】

アトレスケア

テープの縮む力を利用して傷を寄せながら貼る事が出来る。透明で0.007㎜の薄さ

【サイズ】S25×50㎜、M50×50㎜
【平均価格】S¥1,000/10枚 M¥2,000/10枚 30枚入りもあり

NICHIBAN  【アトファイン】

アトファイン

縦、横に伸びにくい素材のため全方向の傷あとの進展刺激を抑制。ウェーブ形状の為はがれにくい。サイズ展開が豊富。こちらは病院の売店等で購入が可能。

【サイズ】SS25×25㎜、S30×49㎜、M50×114㎜、L50×164㎜、LL60×214㎜
【平均価格】¥1,800

NICHIBAN  【アトファイン 傷あとケアテープ】

アトファイン

上記のアトファインと特徴は同じ。サイズ展開は少ない。こちらは薬局、薬店等で購入が可能。

【サイズ】M50×114㎜、L50×164㎜
【平均価格】¥970

ケロコート

ケロコート

局所用シリコーンゲル。薄い皮膜を作り傷を保護。テープ貼ると不快になる部位や貼りにくい部位にお勧め。難点は値段が高い事。

【サイズ】6g、6g(uv用)、15g
【平均価格】¥4,000

 

さいごに

テーピング剤は実に種類が豊富で何を選べばよいのか迷うものです。

私の主観ですが、だいたい下記の要領で選ぶと良いかと思います。

 

  • 切開創には「マイクロポアサージカルテープ(メディカルテープ)」さえあればOK。安価で手に入りやすい
  • 個人的にお勧めなのは「ステリストリップ」。サイズが豊富で小回りがきく為
  • 面倒な人は一枚ボン!と貼るタイプの「アトファイン」、「アトレスケア」が便利
  • テープが貼りにくい部位は液状包帯の「ケロコート」が適している

 

お好みの使用感、使用する部位、傷の大きさなど、ご自身が使いやすいと思うものを選んでみて下さい。

 

最後に大切な事を言います。

テーピング信者にはならないで下さい。

ネット情報過多により不必要、神経質になってにテープを使っている方が患者さんで見受けられました。

  • 浸出液出ていないのにハイドロコロイド貼っている
  • すでに傷がきれいなのにずっと何年も貼っている
  • 剥がす時に余計傷に負担をかけてしまっている
  • 蒸れて不潔になっている

傷跡というのは執刀医の腕におっきく左右されるものでして、雑な医師だといくら傷跡のケアをしても傷跡が汚い事多いです。

テーピングさえやれば傷はキレイに治る、と過信し過ぎるとかえって精神的ダメージが大きくなったりするものです。

 

ー今日は以上です。

 

関連記事

・「美容整形ダウンタイム時にあると良いもの【By元美容外科スタッフ】
・「【美容医療】傷を早く治し、傷跡を残さない為に私がしている4つの事

 

ケロコートスカージェル6g

特許取得済みの瘢痕治療用シリコーンゲル剤。肥厚性およびケロイド性瘢痕の外観を改善するほか、手術後に使用することで拘縮などの異常瘢痕を防ぐ。隆起した瘢痕を柔らかくして平らにすることで、赤みや痒み、刺激感を軽減。

 

参考文献

・『顔面外傷における術後のケア-肌色テープの使用-』(最終閲覧日:2021年4月27日)
https://core.ac.uk/download/pdf/148774158.pdf

・NICHIBAN『術後にテープを貼って意味がある?』(最終閲覧日:2021年4月27日)
https://www.nichiban.co.jp/medical/learn/cartulary/record001/

・独立行政法人国立病院機構埼玉病院『テーピングについて』(最終閲覧日:2021年4月27日)
https://saitama.hosp.go.jp/service/plastic-surgery_taping.html

ランキング参加中。クリックしてくれると嬉しいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ちゅる美

ちゅる美

水野ちえ美(ちゅる美) 日本エステティック業協会認定エステティシャン 【経歴】美顔、痩身、脱毛エステサロン勤務▶美容整形外科クリニックにて美容カウンセラー▶美容ライター

-美容医療
-

© 2021 ちゅる美ブログ Powered by AFFINGER5