ニキビの治し方

ニキビ最新薬のWinlevi(クラスコテロン)とは。効果や副作用

ニキビ最新薬のWinlevi(クラスコテロン)とは。効果や副作用

 

こんにちは。ニキビ、ニキビ跡と常に戦っている、元美容外科カウンセラーのちゅる美です。

ニキビ治療の先進国であるアメリカで、クラスコテロンが主成分の新しいニキビ治療薬「Winlevi」が2020年8月26日、FDA(アメリカ食品医薬品局)に承認されました。

今までのニキビ外用薬とは全く違ったアプローチ法であり、かつ外用薬という事で局所的に作用してくれる点がとても興味をそそります。

一体どんな薬なのか、自身の勉強がてら分かりやすくまとめてみました。

2021年の現時点においてはまだ新しい薬ですから情報量が乏しい状態です。追記事項があればその都度記事に加筆修正を加えていきます。

※ニキビに悩む私が興味本位で調べてみたに過ぎない素人による記事となっています事をご理解ください。

 

ちゅる美
日本のニキビ治療が遅れている事は昔から言われています。ここ数年やっと追いついてきたかに見えたのですが、まだまだ欧米にはかないませんね。

 

結論だけ読みたい人向けのまとめ

  1. Winleviは抗アンドロゲン作用により皮脂、炎症を抑えてニキビを治療。
  2. 簡単に言うと「塗る」男性ホルモン作用抑制剤。
  3. クリームの為局所的に使用可能。
  4. 12歳以上の男女に使用可能。
  5. 妊娠、授乳への悪影響に関するデーターはまだ無い。
  6. 副作用はかゆみ、赤みなど。

 

本記事の信ぴょう性

 

 

Winleviとは

ニキビ最新薬のWinlevi(クラスコテロン)とは。効果や副作用

引用元:Winlevi

 

Winleviとは一体どのような薬なのか、簡潔に説明します。

素人によるまとめ記事に価値がないと思われる方は、「Winlevi」を最初からご覧下さい。望まれている情報が全てがここに記載されています。

 

「Winlevi」の効果を分かりやすく解説

Winleviとは、クラスコテロンが1%配合されたアンドロゲン受容体阻害剤の最新のニキビ治療薬。ニキビの原因となっている過剰な皮脂、炎症を抑える事でニキビを治し、出来にくくしてくれる効果があります。

 

アンドロゲンというのは、DHEA、アンドロステンジオン、テストステロンなどの事を言います。特に一番強いといわれているのがテストステロン。男性らしさを構成するために重要な性ホルモンでして「男性ホルモンの代表」とも言われています。男性なら精巣、女性なら卵巣などから作られています。

アンドロゲン受容体というのは上記のアンドロゲンのレセプターの事です。

 

テストステロンは皮脂の分泌を増やしてニキビの元を作ってしまいます。その為アンドロゲン受容体に結合する事によってニキビ発生へとつながります。ですからこの結合を阻害してニキビを改善させましょう、というのがWinleviの目的、という訳です。

さらに簡単に言うと、男性ホルモンの作用を抑えてニキビを治そう!という事です。

 

アンドロゲンがニキビに影響していることはよく知られていまして、ニキビのホルモン療法としての内用薬はこれと同じく受容体への結合を阻害するものです。

しかしWinleviは内用薬ではなく外用薬。局所的に使用できるのがポイントなのです。

 

Cassiopea’s first-in-class topical androgen receptor inhibitor, WINLEVI, tackles the androgen hormone component of acne in both males and females. Androgen receptor inhibitors act by limiting the effects of these hormones on increasing sebum production and inflammation.

引用元:「Winlevi pless release

 

2021年から使用される為に、2020年8月米国食品医薬品局(FDA)により承認されました。

これまでのニキビ治療外用薬とは全く異なる作用機序を持っている為、にきび治療薬としては実に薬40年ぶりの新規作用機序を持つ薬剤として注目されています。

 

Winleviを使用できる方は下記の通りです。

  • 男女ともに使用可能
  • 12歳以上から使用可能

1日2回、気になる部分に塗布するだけなので通常の外用薬と変わりはありません。

 

「Cassiopea」ってどんな会社?

Winlevi を開発した「Cassiopea」は、処方箋の開発、商品化するイタリアの製薬会社。

医薬品開発と皮膚に対する豊富な経験を持っているチームによって率いられています。

特にニキビのように、長期的な身体的および感情的な影響を与える皮膚トラブルの治療にはかなり力をいれているそうです。

 

Winleviの安全性

Winlevi の有効性、安全性を確認する為の研究データーが『Clascoterone: A Novel Topical Androgen Receptor Inhibitor for the Treatment of Acne』で公表されていたので、簡潔に訳して紹介します。

 

【研究の目的】12歳以上のニキビ患者にクラスコテロン1%クリームの有効性と安全性をレビューすること。

【分かった事】初期の臨床試験においては、クラスコテロンが全身的な影響を与えることなく、局所的に抗アンドロゲン作用を示すことが示された。第2,3試験では、クラスコテロンの使用によって炎症性および非炎症性病変と軽度の紅斑が統計的に有意に減少することが示された。長期の研究により、最大9か月の使用で被験者における薬剤の安全性が確認された。紅斑は一般的な治療である局所皮膚反応であった。

【患者ケアと臨床診療との関連性】ニキビ治療の選択肢には、局所および全身薬がある。全身性の抗アンドロゲン薬は副作用の懸念から妊娠中、男性は避ける必要があった。一方クラスコテロンは局所的な抗アンドロゲン薬。よって、禁忌または副作用のために全身薬が使えない方や、ほかの局所薬で効果がなかった12歳以上の男女に有効な選択肢と言える。

【結論】新しい局所アンドロゲン受容体阻害剤であるクラスコテロンは、ニキビ患者にとって安全で効果的な治療選択肢である。

 

局所的な作用の為、妊娠中、授乳中でも使えるのかと思い調べてみると、「妊婦におけるWinlevi使用に関する利用可能なデータはない」と書かれていました。

 

There are no available data on WINLEVI cream use in pregnant women to evaluate for a drugassociated risk of major birth defects, miscarriage, or adverse maternal or fetal outcomes.

引用元:『Winlevi

 

ホルモン薬ですから安易に使用しない事が無難ですが、まだ新しい薬なだけにここは様子見した方が良さそうですね。

 

Winleviの副作用

Winleviの副作用は下記の通り。

  • かゆみ
  • 発赤
  • 鱗屑
  • 乾燥

など。

アダパレンや過酸化ベンゾイルと同じような副作用ですね。

ただ新薬ですから、今後他の副作用が確認される場合もあります。

 

Winleviについて私が思うこと

これまでのニキビ治療薬(外用)は、殺菌、抗菌、角質軟化といった作用のものがほとんどでした。

どれもそれなりに効果は感じていたのですが、生理前になるとホルモンバランスの関係でどうしてもニキビが数個出来てしまうので、やはりホルモンへ直接的にアプローチしないと良くならないのかな、と感じていました。

しかしホルモンに作用する治療薬は内用薬しかなく、これだと全身に作用する為全身的な副作用がでたら嫌だな、と悪いイメージがどうしてもぬぐえず一歩踏み出す事ができませんでした。

しかし今回塗るタイプで局所的に作用してくれるホルモン薬が出た、という事で、内服薬に抵抗のあった私からすると吉報!

残念ながら日本での承認はまだまだのように思いますが、遺伝的にニキビができやすい私にとって早く厚生労働省からの承認が得られることに一縷の望みをかけています。

と同時に、日本がもっとアメリカやカナダ、フランスのようにニキビ治療先進国に近づいて欲しいと願うばかりです。

 

まとめ

ニキビ治療の最新薬Winleviは局所的に働く塗るタイプの男性ホルモン作用抑制剤。

なかなかニキビが改善しない方の有効な選択肢となりそうです。

まだ分かっていない事が多く、使用者からのリアルなレビューがまだ得られていないため、今後の新たな情報を心待ちにしています。

 

ー今日は以上です。

 

参考文献

・『Winlevi pless release』(最終閲覧日:2021年4月5日)
https://www.cassiopea.com/wp-content/uploads/2020/08/200827_Cassiopea_Winlevi_FDA-Approval_ENG.pdf

・『cassiopea』(最終閲覧日:2021年4月5日)
https://www.cassiopea.com/company/

・『Winlevi』(最終閲覧日:2021年4月5日)
https://www.winlevi.com/assets/WINLEVI-clascoterone-cream-prescribing-info-08-2020.pdf

・『Clascoterone: A Novel Topical Androgen Receptor Inhibitor for the Treatment of Acne』(最終閲覧日:2021年4月5日)
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1060028021992053

 

ランキング参加中。クリックしてくれると嬉しいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ちゅる美

ちゅる美

水野ちえ美(ちゅる美) 日本エステティック業協会認定エステティシャン 【経歴】美顔、痩身、脱毛エステサロン勤務▶美容整形外科クリニックにて美容カウンセラー▶美容ライター

-ニキビの治し方
-

© 2021 ちゅる美ブログ Powered by AFFINGER5